デジタルマーケティングは顧客データを活用したOne to Oneが当然の世界に

あなたがIT部門やマーケティング部門・チームに所属していたり、その業務に従事している場合、昨今では聞かない日はないくらい浸透した「デジマ」すなわち「デジタルマーケティング」。

一昔前までは「Webマーケティング」という言葉が主流でセミナーや関連書籍もたくさん出ていました。「Webマーケティング」はその名の通りWebサイトを軸としたマーケティング活動であり、集客手法としてのADやリスティング、SEOやWebサイトの改善を目的としたアクセス解析など行うことです。

「WEBマーケティング」から「デジタルマーケティング」へ

しかしながら様々なテクノロジーの進化とともにWebサイトに限らないアプリやSNS、メールマガジンといった顧客が接触するチャネルの多様化、顧客の行動データや購買データを扱い、DMPやレコメンドエンジンを活用して顧客それぞれに最適なコミュニケーションが取れるようになった手法の精緻化が進むことで、従来の「Webマーケティング」を逸脱した領域までを、企業やIT・マーケティング部門がカバーしなければならなくなりました。

こういったデジタルという領域で顧客にアプローチできる様々なチャネル、様々な手法を使って行われる企業のマーケティング活動は「デジタルマーケティング」と呼ばれるようになりました。

顧客データを使った「One to Oneマーケティング」

「デジタルマーケティング」が中心の世界になるにつれて、様々な顧客情報の取得が可能となってきました。

その顧客情報を活用して行われる「One to Oneマーケティング」とは顧客それぞれに合わせたマーケティングを最適化していくことです。

最適化すべきものは、接触するチャネル、クリエイティブ、モーメント等です。顧客データを活用して行われるマーケティングということから「データマーケティング」とも呼ばれます。

「One to Oneマーケティング」の実行手段としては以下のようなものが上げられます。

  • リターゲティング広告
  • レコメンデーション
  • メール配信/DM送付
  • マーケティングオートメーション

企業の担当者はこのような顧客データと手法を駆使して「One to Oneマーケティング」を実行し、適切なユーザーに対して適切なコミュニケーションを実施し、成果に繋げる必要があります。

デジタルマーケティング担当者に求められることは?

さて、ここまで企業のマーケティング担当者が実施すべき「デジタルマーケティング」や「One to Oneマーケティング」について言及しましたが、具体的にこれから「デジタルマーケティング」、「One to Oneマーケティング」、「データマーケティング」を始めるにはどうすればよいのでしょうか。

「デジタルマーケティング」では様々な顧客情報が計測できるためまずはKPI構造を考えるべきですし、マーケティングを推し進める最新の技術やソリューションについて理解する必要もあります。

また、最新の技術やソリューションを駆使して様々な施策を実行するために、社内の多くのステークホルダーを巻き込んでプロジェクトを推し進める必要があります。

そうはいってもまずは何から始めればいいかわからない、という方には、デジタルマーケティングに関するノウハウをまとめた無料eBookを公開しておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

無料eBookのダウンロードはこちら

また博報堂アイ・スタジオはデジタルマーケティングの支援サービスがございます。初回相談は無料ですのでお気軽にお問合せください。

お問合せ

  • 博報堂アイ・スタジオ
    藤本 貴章ふじもと たかあき
    2016年に博報堂アイ・スタジオに入社。プロデューサーかつプロジェクトマネージャーとして、複雑なシステムや多数のステークホルダーが絡む大規模案件に従事。顧客ビジネスへの貢献と、プロジェクトマネジメント観点を両立させたプロジェクトデザインを得意とする。PMBOKフレームワークをベースに、案件特性に応じたプロジェクト計画をオーダーメイドすることで、安定的なプロジェクト進行を実現し、高品質なソリューションを提供している。

デジタルマーケティング領域で支援できること